FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:人・組織を動かす>普段気づかない自分の「思考のクセ」が、相手との関係に悪影響を与えている

普段気づかない自分の「思考のクセ」が、相手との関係に悪影響を与えている

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。

まず、一昨日のやっちまった事件の話から。

朝食

 

朝食後、小学校2年生の娘が「学校へ行きたくない」と言い出しました。

挙句の果てに、「行かない!」と・・・(><)

実は、前日に学校に行きたくない理由を娘に聞いていたので、それが他愛もない理由であることは知っていたのですが、それでも、親としては、朝「行きたくない」などと言われると焦ります。

「行きたくないんだね~」と受け止めつつも、「でも、行った方がいいんじゃない?」と言ってみる。

そのうち、娘が朝食を食べていたリビングルームを出て子供部屋に行こうとしたので、「え、○○ちゃん、やっぱり行こうよ!」と声をかけると、

「学校に行く用意をしにいくの!
ママ、私のこと、信じてないでしょ!!」

と言って、娘は怒り出しました。

「しまった・・・」

と思いましたが、後の祭り。

私は、彼女が部屋に行こうとしたので、てっきり「学校に行かないで部屋に戻ろうとしたのか」と、悪いほうに解釈してしまったのです。

で、そこから、私の中に焦りと不安という感情が生まれ、その感情に流されて「やっぱり行こうよ!」と声をかけてしまった。

これらは、全て、私自身の中でやってしまったことです。

起こった事実としては、「娘が部屋に行こうとした」というだけのこと。

起こっている事実だけを見ていれば、そして相手を信じていれば、こんな早とちりはしなかったのに。。。

思い込みから出た発言が相手との関係に影響する、まさにいい例ですね。

ものすごく反省しました。

普段リーダーシップを自分のテーマとしているだけに、日頃から、感情に流されないということを心がけていますが、ときおり、このように自分の思考のクセ(解釈)&感情の暴走に気づかされることがあります。
(特に、身内の場合はそれが起こりやすいです・・・)

人は、解釈を通してヒトやモノ、コトを見ています。

だから、極端にいうと、世界というのは、人の解釈の数だけ種類があるということです。

だからこそ、日々、自分が事実をどんなふうに解釈しがちか? つまり、自分の思考のクセに目を向けることって大切ですね。

もちろん、それは対身内だけでなく、職場の人間関係でも一緒。

自分を知るって、ほんと大事だなあって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分に経験のない分野でリーダーシップを発揮するためには

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 今週の火曜日(9月27日)は、東京で、 公開セミナーに登壇してきました。 【セミナー】 これからの女性リーダーが磨きたい 問題対応力の高め方   私自身、とて…

ばらばらで一緒

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 私の知り合いで、 毎週末、掃除の会に参加されていらっしゃる Aさんという方がいます。 早朝(確か5時!)に集まって、 京都の繁華街の掃除をするのだそう。 完全なるボラ…

公開セミナー「これからの女性リーダーが磨きたい 問題対応力の高め方」に登壇します

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 きたる9月27日(火) こちら(↓)の公開セミナーに登壇します。 【セミナー】 これからの女性リーダーが磨きたい 問題対応力の高め方 ~ 問題への向き合い方が変わると、…

ZOOMでのプレゼンスを考える

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、「ZOOMでのプレゼンス」 という講座に参加しました。 いろいろとおもしろかったので、 備忘録も兼ねてこちらで学びを書いてみたいと思います。 まず、講座のタイト…

モチベーションの源は何か? 一昔前と今とでは変わってきている?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、受けにいったセミナーで おもしろい話を聞きました。 それは、 「ミレニアル世代は 何に動機づけられるか(モチベーション要因)」 という話。 85万人に対する調査…

ページトップ