FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:人・組織を動かす>普段気づかない自分の「思考のクセ」が、相手との関係に悪影響を与えている

普段気づかない自分の「思考のクセ」が、相手との関係に悪影響を与えている

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。

まず、一昨日のやっちまった事件の話から。

朝食

 

朝食後、小学校2年生の娘が「学校へ行きたくない」と言い出しました。

挙句の果てに、「行かない!」と・・・(><)

実は、前日に学校に行きたくない理由を娘に聞いていたので、それが他愛もない理由であることは知っていたのですが、それでも、親としては、朝「行きたくない」などと言われると焦ります。

「行きたくないんだね~」と受け止めつつも、「でも、行った方がいいんじゃない?」と言ってみる。

そのうち、娘が朝食を食べていたリビングルームを出て子供部屋に行こうとしたので、「え、○○ちゃん、やっぱり行こうよ!」と声をかけると、

「学校に行く用意をしにいくの!
ママ、私のこと、信じてないでしょ!!」

と言って、娘は怒り出しました。

「しまった・・・」

と思いましたが、後の祭り。

私は、彼女が部屋に行こうとしたので、てっきり「学校に行かないで部屋に戻ろうとしたのか」と、悪いほうに解釈してしまったのです。

で、そこから、私の中に焦りと不安という感情が生まれ、その感情に流されて「やっぱり行こうよ!」と声をかけてしまった。

これらは、全て、私自身の中でやってしまったことです。

起こった事実としては、「娘が部屋に行こうとした」というだけのこと。

起こっている事実だけを見ていれば、そして相手を信じていれば、こんな早とちりはしなかったのに。。。

思い込みから出た発言が相手との関係に影響する、まさにいい例ですね。

ものすごく反省しました。

普段リーダーシップを自分のテーマとしているだけに、日頃から、感情に流されないということを心がけていますが、ときおり、このように自分の思考のクセ(解釈)&感情の暴走に気づかされることがあります。
(特に、身内の場合はそれが起こりやすいです・・・)

人は、解釈を通してヒトやモノ、コトを見ています。

だから、極端にいうと、世界というのは、人の解釈の数だけ種類があるということです。

だからこそ、日々、自分が事実をどんなふうに解釈しがちか? つまり、自分の思考のクセに目を向けることって大切ですね。

もちろん、それは対身内だけでなく、職場の人間関係でも一緒。

自分を知るって、ほんと大事だなあって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モチベーションの源は何か? 一昔前と今とでは変わってきている?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、受けにいったセミナーで おもしろい話を聞きました。 それは、 「ミレニアル世代は 何に動機づけられるか(モチベーション要因)」 という話。 85万人に対する調査…

背景を知るって、本当に大事

こんにちは。 FAITH(フェイス) 小川由佳です。 怒涛の新入社員研修週間が終わりました! ふと気づくと、4月も下旬に。 かなり暖かくなった昨日、 ベランダのレモンの木の上で 昨年幼虫からさなぎになり、冬を越したアゲハ…

一見リーダーに向いていなさそうな人が、リーダーとして開花するとき

こんにちは。 FAITH(フェイス) 小川由佳です。 早いもので、もうすぐ4月! 春らしさが一気に広がるこの季節は、 なんだか気持ちもウキウキしますね。 昨日、桜並木の下を通ったら、 桜はもう満開になっていて 花吹雪がと…

見ているところが全然違う!

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 今度、eラーニングの講座を担当することになりまして、 先日、その動画収録のために、とあるスタジオに行ってきました。 そのときの出来事。 カメラ担当の方が、 事前に私のブ…

ピアノを習い始めて再確認した上司の心得

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 この秋からピアノを習いはじめました。 「習いたいなあ」と思い始めたのは、 娘と連弾した、昨年の娘のピアノの発表会の頃。 私は幼稚園生のときから高校1年生のときまで ピ…

ページトップ