FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:自己を整える>選択的知覚を意識する

選択的知覚を意識する

こんにちは!
FAITH(フェイス) 小川由佳です。

最近になって、うちの猫(名前:つばめ)がテレビに反応するようになりました。

彼がうちの子になって6年。
その間、全く反応を示さなかったのにもかかわらず・・・です。

きっかけは、娘と私でやっていたテレビゲームでした。

ビリヤードをテレビの画面上で行うのですが、
ボールが転がる映像がたまらないらしく
にゃーにゃ―いいながら、ボールを追い始めたのです。

こんな感じ↓
DSC_3611

その日以降、ニュース番組やバラエティ番組等でも
反応するようになりました。

見ていて、おもしろいです。
ときどき邪魔だと感じますが・・・(苦笑)

彼(つばめ)を見ていると、
「選択的知覚」という言葉を思い出します。

選択的知覚とは、
大量にある情報の中から知覚すべき情報をより分ける
脳内のシステムの働きのこと。

例えば、「トレンチコートを買いたい!」って思ったとたん、
街を歩いていると、やたらとトレンチコートを着ている人が目に入る・・・

なんてことはありませんか?

私の場合、子供が生まれてすぐの頃、
街を歩いていると

「え、世の中、こんなにベビーカーを
押している人っていたっけ?」

というくらい、
ベビーカーを押している人が目に飛び込んできました。

人間は”アンテナ”を立てたものに目がいく
(逆にいうと、それ以外のものが目に入らなくなる)
ようにできているのですね。

決して、自分のまわりの全てのものが
目に入っているわけではないのです。

そうなったら、脳がパンクしちゃうので。

このことを踏まえ、かつ、活かせると、
人生が、すこ~しだけ生きやすくなります。

例えば、
そもそも自分がどうなりたいのか、何を実現したいのか、
明確にしておくことで、それに関する情報が頭に入りやすくなります。

年初などに「今年1年のビジョンや目標を立てよう」と言われるのは、
こういった選択的知覚の効果を活かすという意味合いもありますね。

皆さんは、今年
どこに意識を向けて生きていきたいですか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

とっさの判断を迫られたとき、あなたは後悔のない判断ができますか?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 最近になって、とっさの判断を迫られることが立て続けに起き、 そのたびにどう判断するかで悩んだり、 判断したあとも「これでよかったのか?」と落ち込んだり。 私にとって、…

見えると、やる気になる

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。   2月の頭からジョギングを始めた話を 前々回のブログで書きました。 あれから、週2~3回のペースで走っています。 ジョギング初回、 走れたのは、実は30m…

「自分で考えない」は、誰の課題?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 だいぶ以前の話になりますが、 新入社員について書かれた記事で 「自分で考えることができない」 みたいなタイトルを見たとき、 ちょっとした違和感を覚えました。 確かに新…

見ているところが全然違う!

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 今度、eラーニングの講座を担当することになりまして、 先日、その動画収録のために、とあるスタジオに行ってきました。 そのときの出来事。 カメラ担当の方が、 事前に私のブ…

自分の心に火をつける方法

こんにちは。FAITH(フェイス) 小川由佳です。 クライアントさんにコーチングをしていて感じるのは、意味付けの大切さです。 皆さんは、「やろう」「やらなきゃ」と思いつつ、 なかなか重い腰が上がらない、行動に結びつかない…

ページトップ