FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:方針・戦略を示す>無意識の反応が負の影響を及ぼすかもしれない

無意識の反応が負の影響を及ぼすかもしれない

こんにちは!
FAITH(フェイス)小川由佳です。

先日、面白いことがありました。

ある案件において、関係者間のやり取りが
メッセンジャーグループで行われているのですが、

先日、たまたまそのメッセンジャーグループを開けたら、
なんと、そのグループの壁紙がスーパーマン柄になっていたのです。

ほんとにもう、びっくり!

おまけに、「いいね」ボタンが
タランチュラ柄になっていて
更にびっくり!

とっさに、

「え、え、え、私、間違えて、
余計なボタンをクリックしてしまった??
気づかないうちに設定を変えてしまった???」

「どうしよう・・・(汗)」

と焦って、
いろいろとボタンや設定を
触ってみるものの、変わらず(涙)

そんな中、ふと、

「そもそも、このスーパーマン柄やタランチュラ柄は、
他の関係者から見ても、同じなのだろうか・・・?
(それとも、私のパソコン上だけの話?)」

という疑問が浮かび、
おそるおそる、メッセンジャーグループに対して、

「今、メッセンジャーグループを開けたら
壁紙がスーパーマン柄になっているのですが、
これって、皆さんから見てもそうなのでしょうか?」

というメッセージを送りました。

すると、その直後、Aさんから

「あ、私から見ても、スーパーマンです!
きっとBさんが遊び心で壁紙を変えたのだろうと
楽しんでおりました~♪」

というお返事がきました。

なんと!

更にしばらく経った後、今度はBさんから

「ああ、申し訳ありません!
私が知らず知らずのうちに、
壁紙を変えてしまっていたみたいです(汗)
今、元に戻しました!」

という返信がきました。

そういうことだったの・・・!

私としては、まず、

「私が設定を変えちゃったわけではなかったんだ~」

ということに、ほっとするとともに、
私とAさんとの、あまりの反応の違いがおかしくて
くすっと笑いそうになってしまいました^^

「壁紙がスーパーマン柄になっていた」という出来事は同じ。

にもかかわらず、
私が「私が知らず知らずのうちに設定を変えてしまったんじゃ・・・」と焦っている一方で、

Aさんは「Bさんが遊び心でやってくれたんだ~」と楽しんでいる。

まさに、

「出来事(事実)は同じでも、捉え方によって、
そこから生まれる反応(感情や行動)が異なる」

を地で行くような例だったのです。

おもしろいですね。

と同時に、

「無意識の捉え方に基づく反応」って恐ろしい
これに自覚的になるって大切だな

と思わずにはいられませんでした。

というのも、この「反応」というのは、
影響力を生み出す大きな要素だと思うからです。

例えば、

なんでも言い合えるようなチームづくりが大事だと思って、
部下に対して普段「思ったことは、なんでも言ってね」と言っていたとしても、

いざ部下が反対意見を言ったとたん、
自分の無意識下に「部下は上司に従うべき」という捉え方があったとしたら、
とっさに「いや、それ、違うでしょう」という反応や、
いらだちという反応を、部下に返してしまうかもしれません。

そうなると、言行不一致になってしまいますし、
これは部下に対する負の影響力になってしまいますね。

自分は、普段、無意識にどういう反応をしているのか?
その根っこには、どんな捉え方があるのか?

ときおり意識を向けたいものだなあと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

コトに焦点をあてたいのか、ヒトに焦点をあてたいのか

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 この週末、女性の管理職の皆さんを対象に 「自分の“なりたい”“ありたい”を描く」というテーマで 講座を行いました。 その中で、面白いなと思った気づきを ここで1つシェア…

「家付き酵母」と働きがい

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日、子供の教育に関する本の中で 教育ジャーナリストおおたとしまささんが 興味深いことがおっしゃっていました。 具体的にいうと、 私立の学校にはそれぞれ「家付き酵母」、…

周りの意見に流されずに、自分の意思を貫けますか?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。   社会心理学者であるS.E.アッシュが行った 集団圧力に関する実験 をご存知でしょうか?   この実験では、 「最初に見せた線と同じ長さの線を、…

ページトップ