FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>コミュニケーション>相手とのぶつかり合いは、ないとマズイもの

相手とのぶつかり合いは、ないとマズイもの


こんにちは! 小川由佳です。

「相手とぶつかること」、
専門用語的に言うと「コンフリクト」は、

組織行動学では、

50年ほど前までは、悪いことであり、
積極的に取り除くか回避すべきものと考えられていました。

が、最近では、ないとマズイもの、
積極的に取り入れたいものと考えられています。

なぜなら、

コンフリクトを通じて、
いろいろな可能性のある意見が吟味されるから。

また、異なる意見がぶつかり合う中で、
これまで考えつかなかったような
創造的なアイデアが生み出される可能性が広がるから。

「悪いもの」から「ないとマズい」ものへの大転換、
おもしろいなって思いませんか(^^)

というか、私は、
初めてこのことを知ったとき、
視界がふわっと大きく広がるような気がしました。

そして、
相手とのぶつかり合いへの関わり方が
ガラリと変わりました。

それまで、相手とぶつかるのが嫌で嫌でたまらなかったんです。

当時、私の中では、まだまだ、ぶつかり合いは悪。
だから、「ああ、まただよ」「またやっちゃったよ」という感じ。

相手は言いたいことを
がんがん言ってくる。

でも、それは明らかに
私の意見とは違う。

どう収拾つけようか・・・と思って、
暗い気持ちになっていたんですね。

それが、
「ああ、これって、いいことなんだ。
なくてはならないものなんだ」と
思えるようになったことで、
能動的に取り組めるようになったのです。

コンフリクトへの対処の仕方には、
いくつかポイントがあります。

次回以降、そのポイントについて
書いていこうと思います。

ちなみに、余談ですが、
このコンフリクトの考え方や対処法、
仕事の上だけでなく、
夫とのコミュニケーションにも
有効活用できている気がします(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背景を知るって、本当に大事

こんにちは。 FAITH(フェイス) 小川由佳です。 怒涛の新入社員研修週間が終わりました! ふと気づくと、4月も下旬に。 かなり暖かくなった昨日、 ベランダのレモンの木の上で 昨年幼虫からさなぎになり、冬を越したアゲハ…

テレワークでは「あうんの呼吸」が通用しない

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 世の中でテレワークが広がる中、 「言葉で明確に伝える」ことが大事になってきていると感じます。 もともと日本はハイコンテクスト文化と言われます。 コンテクストとは文脈の…

相手を受け止めるコミュニケーション ~ 必要なのは同意ではなく、共感的理解

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 私、美容に関しては、かなりずぼらな人間で(汗)、 美容師さんから「洗髪後はドライヤーをかける」よう言われていたのに、 ここ数年間、ずっとかけられずにいました。 が、1…

オンラインでの好感度を上げるためにできる3つのこと

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。   皆さんは、普段、オンラインで会議や面談をする機会は、どの程度あるでしょうか。   昨日、参加したオンラインコミュニケーションの勉強会で、 【オ…

「嫌い」と言いながら、「好き」という気持ちを表現できるのが対面

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。   前回の記事では、下記の調査結果で見えてきた テレワーカー本人、及び、その上司がもつ 2大不安について取り上げました。 – – &…

ページトップ