FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:成果を生み出す>自分を理解することって、いろんな意味で大事

自分を理解することって、いろんな意味で大事

こんにちは!
FAITH(フェイス) 小川由佳です。

先日、おもしろい記事を読みました。

記事のタイトルは、
『働きながら東大医学部に合格した東大生が「ドラゴン桜」で考える3つの合格スキル』

ホテルマン及び予備校講師という
ダブルワークをしながら勉強し東大に合格をした、
片山湧斗さん(現在、東大生&医学部予備校レユシール代表)が、
「どうやって勉強の質と量を高めたか?」を記事にまとめたものです。

これを読んでいて、「おもしろい!」かつ「すごい!」と思うのは、
勉強の質と量を高めるために、徹底的に自己分析をしているところ。

例として挙げられていることを少しご紹介すると、

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

「集中力を養うために、自分が集中できた時間を記録する」

集中力という曖昧なものをきちんと時間というデータ化することにより、
自分がどれ程成長できたのかを実感することが出来ます。
この集中力の測定を繰り返すことにより、
科目別、タスク別に自分が集中力が続く時間でタイムスケジュールを立てることができ、
効率の良い勉強が可能になります。

「思考の傾斜配分を常に意識する」

知識を持っているだけでなく、素早く使える瞬発力も必要なのです。
この知識の引き出しをスムーズにするために時間が無いなりに編み出した方法が、
「思考の傾斜配分を常に意識する」ということです。

私は家事の時間、仕事の時間、移動の時間といった時間で、
タスク別に自分がどの程度脳のリソースを割けば支障なく行動できるかを把握し、
残りのリソースを使って勉強のことを考えていました。
 

出所:『働きながら東大医学部に合格した東大生が「ドラゴン桜」で考える3つの合格スキル』
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83105?imp=0

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

自分の思考や行動を観察&データ化することを通じて、
自分の特性をしっかりと把握し、

これを、求められていること
(あるべき姿・ありたい姿)に照らし合わせて、
どうすれば、効率的にそこに近づけるのか、
考えて行動につなげているところがすごいなと感じます。

昨今の働き方改革という文脈もあり、
「いかに限られた時間の中で生産性を挙げるか」
というテーマが話題にのぼることも多々ありますが、

片山さんの姿勢や行動は
参考になる部分もありそうです。

片山さんのように
ここまで徹底してデータ化というのは、
ハードルが高そうですが・・・(T-T)

ただ、現状を見える化してこそ
改善の方向性が掴めるので、

自分自身やその状況について
観察し理解を深める姿勢は
ぜひ見習いたいなあと思っています。

 

 

ちなみに、少し話は飛ぶのですが、

(このブログを読んでくださっている皆さんは、
「管理職・リーダーになる」ということに
ご関心がおありだと思うので、その観点について触れると)

プレイヤー(実務担当者)から管理職・リーダーへ昇格した際、
しっかりと自己理解を深められるかどうかが、
管理職・リーダーの役割をスムーズに担えるようになるかどうかに
影響するということがわかっています。

そもそも管理職とは何かを理解すること。

そして、それに対して

自分の強みや弱みは何か
何ができていて何ができていないのか等、

自分の特性や状況を理解すること。

これらの姿勢や行動が持てているかどうかが
スムーズに管理職・リーダーになれるかどうかを
左右するということですね。

そういった観点でも、自分を理解するということ、
ぜひ押さえておきたいなあと思います^^

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「一皮むけたい!」 ~ 目標を設定するときに知っておくとよいこと

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 ブログ、だいぶご無沙汰してしまいました。 気づけば、2021年も2月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。 私は、年初の健康診断で、 気になる結果が出たことで一念発起…

ページトップ