FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:自己を整える>自分で決める

自分で決める

こんにちは。FAITH(フェイス)小川由佳です。

先日放映されたスカーレットの録画を見ていて、ついつい涙してしまいました。

主人公、川原喜美子は、大阪のとある下宿で女中という仕事をし家に仕送りをしながら、
ちょっとずつ貯めたお金で、来期から週3回、美術学校に通うことを心待ちにしていました。

一方、喜美子の父親は、自分が喜美子に「大阪に働きに行け」と命令して大阪に行かせたにもかかわらず、
また自分の都合で、喜美子に、今度は大阪の仕事を辞めさせ信楽の家に帰ってこさせようとします。

これに対して、一度は反発し、大阪で仕事を続けようとした喜美子も、
実家の大変な状況を知り実家に帰る決心をします。

このとき、喜美子は、こう言います:
(一字一句は忘れましたが、ほぼこういう感じだったと思います)

= = = = =

私には2つの道があります。

一つは、この下宿に残り、仕事をしながら、美術学校に通う道。
好きな絵の勉強ができることを考えただけで、ワクワクします。

もう一つは、実家に帰る道。
実家のある信楽で仕事を見つけることはできそうですが、それ以外のことはこの先全くわかりません。
考えただけで、不安になります。

でも、私は実家に帰る道を選びました。
私が決めました。

= = = = =

先がどうなるかわからない。そのような中で決断することがどれほど勇気のいることか。

セリフを聞いていると、私自身、昔、節目だと思うような決断を
したときの感情がよみがえってきて、思わず涙してしまいました。

道しるべ(選択)

誰でも、人生の中で、先がわからない中での決断を迫られることは、
一度や二度はあると思います。

私がそんなときに、思い出すのは、以前、本を読んでいて出会ったこの言葉です

「人間にとってなにが幸いでなにが不幸か、それは人生の終焉を迎えるときまでわからないのです。
だからこそ、たとえ良くないことが起こっても、落胆してはいけません。
なぜならその良くない出来事は飛躍の前兆かもしれないからです。」

(『松井秀喜に学ぶ 壁をブチ破る「心の持ち方」』より)

だからこそ、目の前のことに一喜一憂せず、
自分がそのとき「こうだ」と思う決断をしていきたいと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分に経験のない分野でリーダーシップを発揮するためには

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 今週の火曜日(9月27日)は、東京で、 公開セミナーに登壇してきました。 【セミナー】 これからの女性リーダーが磨きたい 問題対応力の高め方   私自身、とて…

ロールモデルの見つけ方

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 皆さんは、過去、ロールモデルだと感じる人に 出会ったことはおありでしょうか。 ロールモデルについては、 『女性が管理職になったら読む本 ―「キャリア」と「自分らしさ」…

ZOOMでのプレゼンスを考える

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、「ZOOMでのプレゼンス」 という講座に参加しました。 いろいろとおもしろかったので、 備忘録も兼ねてこちらで学びを書いてみたいと思います。 まず、講座のタイト…

優れたリーダーに共通する要素

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 私が時折読み返す本に、 『リーダーが身につけたい25のこと』 があります。 著者は、コーチ・エィの社長であり、 かつ、エグゼクティブコーチでもある、 鈴木義幸さん。 …

個人向けの「アンコンシャスバイアス講座」を開催します

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 普段、私は、企業等法人における 管理職・リーダー候補の皆さんに対して いろいろな研修を行っています。 が、そういった研修を法人に対してだけでなく 個人に対しても提供し…

ページトップ