FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:人・組織を動かす>年上の部下との接し方 ~ うまくコミュニケーションできている人の共通点

年上の部下との接し方 ~ うまくコミュニケーションできている人の共通点

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。

皆さんのチームには、自分より年上の部下(年次が上の部下)はいますか?

先日、管理職をしている友人と食事をしているときに、この「年上の部下」というテーマについて話す機会がありました。

彼女は、かつての自分の上司(20歳上)が、現在、自分の部下になっているのだそう。

でも、彼女は、全然気にならないといいます。

「どうして気にならないの? 年上の部下とどう接していいか悩むっていう人、けっこう多いと思うんだけど・・・」

と聞いてみると。

彼女: 「う~ん、私は、そもそも、どちらが上とかどちらが下とかって考えたこと、ないんだよね~。」

私: 「へぇ~、そうなんだ。 上下が違うっていうより、役割が違うっていう感覚なのかな?」

彼女: 「そうそう、そんな感じ。

上司と部下って、役割が違うだけって思うんだよね。まとめる役と、具体的な業務を遂行する役と。

だから、こちらも遠慮なく、必要だって思う事は普通に言うし。

もしかしたら、相手はやりにくいって思ってるかもしれないけれど・・・。

でも、私自身は特にやりにくさはないな。」

私: 「へ~、それってすごいと思う。

他に何か心がけている事はある?」

彼女: 「私は学生時代、体育会系の部活で上下関係を叩き込まれたんだよね。

1年、学年が上なだけで神様・・・みたいな(笑)。

だから、年次が上であること、自分より長く生きていることへの尊敬・リスペクトはもっていると思う。

相手に対しても、そういう意味での尊敬・リスペクトはもってる。

で、そのうえで、仕事上で必要な事は言うって感じかな。ダメ出しも含めてね。」

彼女の話を聞きながら、まさに「人と事(問題)を切り分ける」ってことを、彼女はできているんだなあと思いました。

拙著にも書きましたが、相手とコミュニケーションを取るとき、特に相手とネガティブなことをやり取りするとき、「人と事を切り分ける」という意識が大事になります。

その人自身、その人の人格や存在自体【人】は、尊重する、認める。
その上で、その人の行動やその行動が引き起こした結果【事】については、率直にコミュニケーションを取る。

ということです。

人は、自分自身を否定されている・・・と思うと、致命的に傷つきますし、相手に対してわだかまりを持ちかねません。

一方、自分の行動やその結果を批判されたりダメ出しされる分には、一時的に落ち込んだりするかもしれませんが、致命的なところまではいたりません。

なぜなら、行動はいくらでも変えられるものだからです。

相手自身は尊重し続ける。但し、指摘するべきことは、プロとして指摘する。

そんな意識をもつことで、年上の部下に接しやすくなるかもしれませんよ。

 

(※ご本人の許可をいただいたうえで掲載しております。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モチベーションの源は何か? 一昔前と今とでは変わってきている?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、受けにいったセミナーで おもしろい話を聞きました。 それは、 「ミレニアル世代は 何に動機づけられるか(モチベーション要因)」 という話。 85万人に対する調査…

背景を知るって、本当に大事

こんにちは。 FAITH(フェイス) 小川由佳です。 怒涛の新入社員研修週間が終わりました! ふと気づくと、4月も下旬に。 かなり暖かくなった昨日、 ベランダのレモンの木の上で 昨年幼虫からさなぎになり、冬を越したアゲハ…

一見リーダーに向いていなさそうな人が、リーダーとして開花するとき

こんにちは。 FAITH(フェイス) 小川由佳です。 早いもので、もうすぐ4月! 春らしさが一気に広がるこの季節は、 なんだか気持ちもウキウキしますね。 昨日、桜並木の下を通ったら、 桜はもう満開になっていて 花吹雪がと…

見ているところが全然違う!

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 今度、eラーニングの講座を担当することになりまして、 先日、その動画収録のために、とあるスタジオに行ってきました。 そのときの出来事。 カメラ担当の方が、 事前に私のブ…

ピアノを習い始めて再確認した上司の心得

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 この秋からピアノを習いはじめました。 「習いたいなあ」と思い始めたのは、 娘と連弾した、昨年の娘のピアノの発表会の頃。 私は幼稚園生のときから高校1年生のときまで ピ…

ページトップ