FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップ>トップアスリートの共通点に見る、リーダーシップの強化法

トップアスリートの共通点に見る、リーダーシップの強化法

こんにちは!

FAITH(フェイス) 小川由佳です。

前回のメルマガも触れた「トップアスリートの共通点」

今回はこれについて書きますね。

「トップアスリートの共通点を3つ挙げろ」と言われたら、
皆さんはどんな点を挙げますか?

雑誌「プレジデント 2020年2月14日号」によると、
トップアスリートの共通点は以下の3つだそう。

1.疑問を手放さない
2.人の言葉を気にしない
3.上の立場の人を活用できる

そして、更に付け加えるとすると、
以下の2つがあるのだそうです。

4.負けず嫌いである
5.観察力に富む

メインの1から3について、少し補足説明をすると

1は、「どうすれば勝てるのか」「どうすれば記録を更新できるのか」を絶えず自問し続けていること。

2は、周りの人がいろんなことを言ってくる中で、いちいちそれを気にしないこと。

3は、監督やコーチからの指示に従うだけではなく、疑問を投げかけるなどして、自分に必要な解を得るための糧とできること。

2と3は、言い換えると、自分の哲学や信念を持ち、
これを軸に、最後は自分で考え決めて
取り組んでいることだと言えそうです。

そして、3つを総合すると、
トップアスリートについて、
ある1つの像が浮かんできます。

それは、

「どうすれば勝てるのか」を考え続け、
自分なりの仮説を立て、
この仮説を軸に、具体的なやり方を
自分で考えて決めて取り組んでいる

ということ。

そして、この像は、
リーダーシップを強化する方法とも合致するんですね。

 

アスリート_マラソン

 

最近のリーダーシップ研究では、

効果的なリーダーシップを発揮するためには、
「リーダーシップの持論を構築し、これを鍛え続けること」が大事

と言われています。
(参考:「リーダーシップ入門」金井壽宏、「シェアド・リーダーシップ」石川淳)

ここでいう「持論」とは、
「効果的なリーダーシップを発揮するためには、
〇〇のような態度や行動が必要である」
というような自分なりの信念のこと。

自身が職場でリーダーとして経験したことを振り返って内省し
自分なりに解釈・意味付けし
持論として言語化する。
そして、更に経験を積むたびに
これを精緻化していくことが大事ということです。

加えて、持論化の過程で、
世の中のリーダーシップ理論とひもづけて考え、
「ああ、そういうことか!」と全体像やポイントが腑に落ちると
更にブラッシュアップにつながります。

例えば、

– – – – –

Aさんに効いた褒め方が、Bさんは効かなかった。

「どうしてなんだろう」「何がいけなかったんだろう」
とずっと疑問に思っていた。

その後、「コミュニケーションスタイル」という理論
(人それぞれコミュニケーションの取り方が異なるという理論)を学び、
「Aさんに効いた褒め方がBさんに効かなかったのはこれが理由では?」
と思って、相手の性格に合わせてアプローチを変えるようにしたら、
うまくまわりだした。

それ以来、

「その人の性格に合ったアプローチを取ることが大切」

という持論を持つにいたった。

– – – – –

という感じです。

持論化にあたり、リーダーシップ理論も
知っているとよりいいので、
今後、このメルマガでも、
リーダーシップ理論のご紹介を
していけるといいなあと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人向けの「アンコンシャスバイアス講座」を開催します

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 普段、私は、企業等法人における 管理職・リーダー候補の皆さんに対して いろいろな研修を行っています。 が、そういった研修を法人に対してだけでなく 個人に対しても提供し…

モチベーションの源は何か? 一昔前と今とでは変わってきている?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、受けにいったセミナーで おもしろい話を聞きました。 それは、 「ミレニアル世代は 何に動機づけられるか(モチベーション要因)」 という話。 85万人に対する調査…

自分を理解することって、いろんな意味で大事

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、おもしろい記事を読みました。 記事のタイトルは、 『働きながら東大医学部に合格した東大生が「ドラゴン桜」で考える3つの合格スキル』 ホテルマン及び予備校講師とい…

とっさの判断を迫られたとき、あなたは後悔のない判断ができますか?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 最近になって、とっさの判断を迫られることが立て続けに起き、 そのたびにどう判断するかで悩んだり、 判断したあとも「これでよかったのか?」と落ち込んだり。 私にとって、…

リーダーになりたての頃、壁にぶつかるのは女性よりも男性?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 5月17日の記事で、 『女性の視点で見直す人材育成』 (中原淳・トーマツイノベーション著)を読んでいて 面白いなと思ったデータをいくつかご紹介しました。 今回はその続…

ページトップ