FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップ>相手の想像を超えたとき、相手が変わる

相手の想像を超えたとき、相手が変わる

あけましておめでとうございます。
小川由佳です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2017年にわとり

 

年が明けて仕事がスタートしたという方も
多いのではないでしょうか。

1月4日の朝、娘を保育園に送って行ったときには、
まだ通りに人はまばらでしたが、
6日には、ほぼ通常どおりに、人が行き来されていました。

新年もこうして時が着実に進んでいくのですね。
当たり前といえば当たり前ですが・・・。

1日1日を大事にしたいなと思います^^

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

相手の想像を超えたとき、相手が変わる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さんは、2017年をどんな年にしたいですか。

皆さんの中で、やりたいことや目標はありますか。

私はといえば、1月4日から今日にかけて、
2017年にやりたいことや目標を書き出してみました。

そのうちの1つが、「触媒としての自分を高めること。」

普段、私は、人材育成というフィールドにおいて、
関わった方々がよりよい変化を遂げられるよう、成長を促進できるよう、
「触媒」という役割を担っています。

縁があって出会った方々にとって価値のある「触媒」となりたい。

とはいえ、
ときに対応が難しい相手に出会うことがあります。

例えば、研修でいうと、

やる気がない

考え方や姿勢がネガティブ

他責

こういった傾向をもつ相手に対して、
限られた時間の中で、どうやって関係を築き、有意義な時間を作り出すか。

どうすればいいか、たくさん悩みます。

その1つのヒントになりそうな言葉に、
この年末年始に出会いました。

それは、「真経営学読本」という本の中で出会った、
起業家コンサルタント、福島正伸さんの言葉。

~。~。~。~。~。~。~

「相手の想像を超えた時、相手が変わる」ということです。

諦めることなく挑戦し続け、相手が「まさかここまで」と言ってくれた時に、相手は変わるのです。

「真経営学読本」福島正伸著 より

~。~。~。~。~。~。~

福島さんは、ご自身に喉頭ガンが見つかったことがきっかけで、
これまでの思いを1冊の本にまとめられたのだそうです。

その中の、「三つのポリシー」という章にこの言葉がありました。

「相手の想像を超えた時、相手が変わる」

諦めることなく挑戦し続け、相手が「まさかここまで」と言ってくれた時に、相手は変わる

この言葉に触発され、
さっそく、現場でチャレンジしてみたいことが浮かんできました。

出会った方の最高の「触媒」になることを目指して、
今年も挑戦を続けていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を理解することって、いろんな意味で大事

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、おもしろい記事を読みました。 記事のタイトルは、 『働きながら東大医学部に合格した東大生が「ドラゴン桜」で考える3つの合格スキル』 ホテルマン及び予備校講師とい…

とっさの判断を迫られたとき、あなたは後悔のない判断ができますか?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 最近になって、とっさの判断を迫られることが立て続けに起き、 そのたびにどう判断するかで悩んだり、 判断したあとも「これでよかったのか?」と落ち込んだり。 私にとって、…

リーダーになりたての頃、壁にぶつかるのは女性よりも男性?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 5月17日の記事で、 『女性の視点で見直す人材育成』 (中原淳・トーマツイノベーション著)を読んでいて 面白いなと思ったデータをいくつかご紹介しました。 今回はその続…

女性が昇進意欲を持つ職場の特徴

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 普段、私が研修で講義をするとき、 講義内容について受講者の皆さんに腹落ちしていただけるよう 以下の3つをお伝えすることを大事にしています: 1. 目的(なぜそれが必要…

「家付き酵母」と働きがい

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日、子供の教育に関する本の中で 教育ジャーナリストおおたとしまささんが 興味深いことがおっしゃっていました。 具体的にいうと、 私立の学校にはそれぞれ「家付き酵母」、…

ページトップ