FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップ>理想の上司のやり方をマネしても、うまくいかないかもしれません

理想の上司のやり方をマネしても、うまくいかないかもしれません


こんにちは。小川由佳です。

娘を育てていて思うのは、
こんなにもまあ、幼いうちから
性別によって行動や嗜好に
差が出るものなのだなあということ。

本当にびっくりします。

例えば、現在3歳の娘、
人の世話が大好き。

赤ちゃんの人形に、お世話をしたがったり、
お姉さん口調で、母である私の行動を叱ったり(苦笑)。

また、彼女は、ピンク、キラキラが大好き。
(カラスみたい^^;)

お姫様系が大好き。

彼女の女の子のお友達も、
程度の差こそあれ
やはり同じような傾向のようです。

一方、男の子のお友達をみていると、
車(特に、働く車)が大好きだったりと、
女の子とは全然違う。

環境という点でいえば、
親(夫と私)の側は、普段から、
全然女の子という意識で育てていないし、
キラキラ系やお姫様系のモノは与えなかったし。

(むしろ、その逆で、無印良品の服など、
モノトーンやアースカラー系のものを与えていた。)

現象からは、どう考えても、
生まれた時から備わった性差があるとしか思えない。

もしそうだとしたら、

その性差、言い換えると、その個性、
活かさないともったいないなあと
思うのです。

それは、

「女だから家事をすべき、男だから外で働くべき」
ということが言いたいのではなく、
(私自身、そうではないし^^)

何をするにしても、
その個性を活かしたやり方があるのではないか
ということ。

例えば、マネージャー(管理職)をする
ということについても、

男性なら男性性を活かしたやり方、
女性なら女性性を活かしたやり方、

があると思うのです。

逆に言うと、女性が
過去に存在する男性的なマネージャーのやり方を
踏襲しようとするのは無理があるのではないかしら。

それは、長距離走が得意なウマが
短距離走の得意なチーターのやり方を
踏襲しようとするようなもの。

それって、ロスが大きい。

それぞれの特徴を活かしたやり方を見つけること。

それが、もっとも効果的・効率的なのではないかな。

娘を見ていて、そう実感する
今日この頃でした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を理解することって、いろんな意味で大事

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、おもしろい記事を読みました。 記事のタイトルは、 『働きながら東大医学部に合格した東大生が「ドラゴン桜」で考える3つの合格スキル』 ホテルマン及び予備校講師とい…

とっさの判断を迫られたとき、あなたは後悔のない判断ができますか?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 最近になって、とっさの判断を迫られることが立て続けに起き、 そのたびにどう判断するかで悩んだり、 判断したあとも「これでよかったのか?」と落ち込んだり。 私にとって、…

リーダーになりたての頃、壁にぶつかるのは女性よりも男性?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 5月17日の記事で、 『女性の視点で見直す人材育成』 (中原淳・トーマツイノベーション著)を読んでいて 面白いなと思ったデータをいくつかご紹介しました。 今回はその続…

女性が昇進意欲を持つ職場の特徴

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 普段、私が研修で講義をするとき、 講義内容について受講者の皆さんに腹落ちしていただけるよう 以下の3つをお伝えすることを大事にしています: 1. 目的(なぜそれが必要…

「家付き酵母」と働きがい

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日、子供の教育に関する本の中で 教育ジャーナリストおおたとしまささんが 興味深いことがおっしゃっていました。 具体的にいうと、 私立の学校にはそれぞれ「家付き酵母」、…

ページトップ