FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップ>リーダーの役割をする上で、自分の心のクセを知っていますか?

リーダーの役割をする上で、自分の心のクセを知っていますか?

先日、部門でチームリーダーを務める
クライアントさんとのセッションがありました。

上司や部下、仕事相手と議論をしているとき、
ついつい、自分の主張を通そうとして、
相手の話を聞かずに、一方的にしゃべり倒してしまうとのこと。

「議論の前には、
相手の意見も聞きつつ進めようと、
心に決めているんです。
でも、いざとなるとダメなんです」

「なんとかこれを改めたい」

とおっしゃっていました。

そこで、議論をしているときの
クライアントさんの思考と感情の変化を
見ていくことにしました。

「ついつい、とおっしゃっていましたが、
何がきっかけで、心に決めたことを忘れて、
しゃべり出してしまうんでしょうね?」

「何か、スイッチでも入る感じですかね?」

とお聞きした所、

「そうそう、まさにスイッチが入る感じなんです!」

とのこと。

更に伺っていくと、
議論の相手がクライアントさんの意見を否定したときに、
とたんにスイッチが入るようでした。

そのとき、クライアントさんの頭の中には、

「こっちが正しいのに」
「こちらの意見が通らなくなるかも」
「意図しない方向へ議論が行ってしまう・・・」

というセリフがぐるぐるしているようでした。

そして、気持ちに焦りが出て、
それ以上、相手の話を聞けなくなってしまう。

おもしろいことに、
振り返ってみると、過去の打ち合せや議論において、
何度もこのパターンに陥っていることがわかりました。

誰でも、心のクセ(思考や感情のパターン)っていうのはありますね。

うん十年生きてきて、クセがない
なんてことはありえません。

成長する過程で、
身近にいた人(特に、親)や経験した出来事に影響を受け、
心のクセが作られていきます。

だから、何かしら心のクセがあるのは普通のこと。

それ自体は問題ではないのです。

その心のクセが、何かをする際に、
あなたの邪魔をしていなければ。

上述のクライアントさんの場合、心のクセが、
上司や同僚、部下、仕事の相手との
コミュニケーションをちょっと邪魔してしまうのですね。

そんなときは、

・まず、自分の心のクセ(思考や感情のパターン)を知ること
・必要に応じて、その心のクセに対処すること(緩めたり手放したりすること)

が大切になります。

あなたには、

例えば、人間関係やコミュニケーションにおいて、
陥りがちなパターンはありますか?

また、

人間関係やコミュニケーション上の問題を解決するときに、
どのようなパターンを取る傾向がありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を理解することって、いろんな意味で大事

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日、おもしろい記事を読みました。 記事のタイトルは、 『働きながら東大医学部に合格した東大生が「ドラゴン桜」で考える3つの合格スキル』 ホテルマン及び予備校講師とい…

とっさの判断を迫られたとき、あなたは後悔のない判断ができますか?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 最近になって、とっさの判断を迫られることが立て続けに起き、 そのたびにどう判断するかで悩んだり、 判断したあとも「これでよかったのか?」と落ち込んだり。 私にとって、…

リーダーになりたての頃、壁にぶつかるのは女性よりも男性?!

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 5月17日の記事で、 『女性の視点で見直す人材育成』 (中原淳・トーマツイノベーション著)を読んでいて 面白いなと思ったデータをいくつかご紹介しました。 今回はその続…

女性が昇進意欲を持つ職場の特徴

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 普段、私が研修で講義をするとき、 講義内容について受講者の皆さんに腹落ちしていただけるよう 以下の3つをお伝えすることを大事にしています: 1. 目的(なぜそれが必要…

「家付き酵母」と働きがい

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日、子供の教育に関する本の中で 教育ジャーナリストおおたとしまささんが 興味深いことがおっしゃっていました。 具体的にいうと、 私立の学校にはそれぞれ「家付き酵母」、…

ページトップ