FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップ>リーダーの役割をする上で、自分の心のクセを知っていますか?

リーダーの役割をする上で、自分の心のクセを知っていますか?

先日、部門でチームリーダーを務める
クライアントさんとのセッションがありました。

上司や部下、仕事相手と議論をしているとき、
ついつい、自分の主張を通そうとして、
相手の話を聞かずに、一方的にしゃべり倒してしまうとのこと。

「議論の前には、
相手の意見も聞きつつ進めようと、
心に決めているんです。
でも、いざとなるとダメなんです」

「なんとかこれを改めたい」

とおっしゃっていました。

そこで、議論をしているときの
クライアントさんの思考と感情の変化を
見ていくことにしました。

「ついつい、とおっしゃっていましたが、
何がきっかけで、心に決めたことを忘れて、
しゃべり出してしまうんでしょうね?」

「何か、スイッチでも入る感じですかね?」

とお聞きした所、

「そうそう、まさにスイッチが入る感じなんです!」

とのこと。

更に伺っていくと、
議論の相手がクライアントさんの意見を否定したときに、
とたんにスイッチが入るようでした。

そのとき、クライアントさんの頭の中には、

「こっちが正しいのに」
「こちらの意見が通らなくなるかも」
「意図しない方向へ議論が行ってしまう・・・」

というセリフがぐるぐるしているようでした。

そして、気持ちに焦りが出て、
それ以上、相手の話を聞けなくなってしまう。

おもしろいことに、
振り返ってみると、過去の打ち合せや議論において、
何度もこのパターンに陥っていることがわかりました。

誰でも、心のクセ(思考や感情のパターン)っていうのはありますね。

うん十年生きてきて、クセがない
なんてことはありえません。

成長する過程で、
身近にいた人(特に、親)や経験した出来事に影響を受け、
心のクセが作られていきます。

だから、何かしら心のクセがあるのは普通のこと。

それ自体は問題ではないのです。

その心のクセが、何かをする際に、
あなたの邪魔をしていなければ。

上述のクライアントさんの場合、心のクセが、
上司や同僚、部下、仕事の相手との
コミュニケーションをちょっと邪魔してしまうのですね。

そんなときは、

・まず、自分の心のクセ(思考や感情のパターン)を知ること
・必要に応じて、その心のクセに対処すること(緩めたり手放したりすること)

が大切になります。

あなたには、

例えば、人間関係やコミュニケーションにおいて、
陥りがちなパターンはありますか?

また、

人間関係やコミュニケーション上の問題を解決するときに、
どのようなパターンを取る傾向がありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

未経験だからこそ、価値が出せる

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日、「建設業界に変革を 起業家の挑戦」というテレビ番組を 朝の準備をしながら、何気なく見ていたのですが、 その番組でインタビューを受けていた 稲田武夫さん(株式会社ア…

夢にかっこいいも悪いもない!

こんにちは。 FAITH(フェイス)小川由佳です。 長めのお正月休みをいただき、本日からいよいよ始動です。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今朝、朝ドラを見ていたら、主人公が 夢にかっこいいも悪いもない! という…

新刊『女性管理職「自分らしいリーダーシップ」の育て方』が発売開始となります

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 女性管理職「自分らしいリーダーシップ」の育て方 (同文舘出版) 9月26日から全国の書店やネット書店で 順次発売されることになりました。 Amazonさんでは既に掲載…

無意識の反応が負の影響を及ぼすかもしれない

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日、面白いことがありました。 ある案件において、関係者間のやり取りが メッセンジャーグループで行われているのですが、 先日、たまたまそのメッセンジャーグループを開けた…

ヘルプシーキング ~ 人に助けを求める力は、必要不可欠なビジネススキル

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 子育てや介護などを抱えながら 仕事をされている方が 増えていると言われます。 実際、私の周りでもこれらと両立しながら 仕事をしている方は多いです。 これらと両立をしなが…

ページトップ