FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>研修>大事にしたいのは「ライブ感」

大事にしたいのは「ライブ感」

私が大事にしていて、かつ、
自分はまだまだだなあと思うことに、
「ライブ感」があります。

予定調和でない。 ライブで創る研修の場。

目の前で起こっていること。
目の当たりにしている受講者の状態、
その背後にある悩みや疑問に応じて、
学びの場をリアルタイムで創っていけたらいい。

研修というよりは、グループセッションのような場。

予め用意したシナリオやテキストは、
「きっと受講者はこんなことで悩んでいるだろう」という
自分の予想をもとにつくったもの。

あくまで事前の準備でしかない。

それに囚われることなく、この場で実際に目にしたことをもとに、
あたかもJazzセッションのように、創っていけたらいい。

・・・なんて、日頃から思っていますが、
なかなか100%満足のいくようにはならないもの。

そんなある日、「ミヤネ屋の秘密」という本にたまたま出会い、
そこで知った、「TV番組 ミヤネ屋」の司会者、宮根誠司さんの
司会者としてのあり方に、惚れてしまいました。

と同時に、すごく憧れをもちました。

というのも、宮根誠司さんが、
まさに私が目指す「ライブ感」を、
そのまま体現していたからです。

あの番組には、基本的には台本がないのだそう。

いや、正確に言えば、あることにはあるが、
まずその通りにはならないのだとか。

なぜなら、世の中はリアルタイムで動いていくものであり、
それに対応しようとしているから。

「放送前の打ち合わせは3分。
司会者とコメンテーターとの事前打ち合わせはなし」
だそうで、驚いてしまいました。

 

あの番組のありようのように、私も、
一期一会の、目の前の受講者のために、
リアルタイムで応じられたらいいな。

・・・「ミヤネ屋の秘密」を読んで、
そんな気持ちを頂きながら、4月を迎えた私でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ページトップ