FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:自己を整える>部下の発言に反応しすぎてしまうとき

部下の発言に反応しすぎてしまうとき

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。

前回の記事で、「人と事を切り分ける」ということについて書きましたが、「人と事を切り分ける」ってけっこう奥が深いです。

実は、リーダーとして堂々とぶれない自分であるために大切なことだと思っています。

これについて、今回ある事例を書きますね。

= = = = = = = = = =

あるクライアントさんは、数名の部下を持つマネージャーです。

このクライアントさんの悩みは、「会議のとき、発言するのを躊躇してしまうことがある」というもの。

お客様や部下の反応が気になって、一瞬発言を躊躇してしまうのだそうです。

これに対して、セッションでは、クライアントさんと一緒に「発言しようとしたときに、心の中で何が起こっているか」振り返ってみることにしました。

もう少し具体的に言うと、「発言を躊躇したその瞬間、自分の中にどんなセリフがよぎっているか?」を考えてみたのです。

すると、

「私が発言したことに対して、皆はどう思うだろう」
「的外れなことを言ってしまったら・・・どうしよう」
「お客様やメンバーに否定されるのが怖い、そんなことになったら、立場がない」
「できない人だと思われたらどうしよう」

という言葉がクライアントさんから挙がってきました。

そして、これらの言葉が挙がってきた後、クライアントさんがこう言ったのです:

– – – – – – – – – –

「ここまで話してきて思ったのだけど、私、反応しすぎなのかもしれません。

1つ気づいたんですけど、私は、私の発言に対する相手の反応(発言)を、『単なる発言』ではなく『私自身を否定された』ってとっているだなって思いました。

でも、相手は、単に私の言った内容に対して、自分の意見を言っただけで、別に私自身を否定しているわけじゃないんですよね」

– – – – – – – – – –

これ、クライアントさんは、「『事』について言われたにも関わらず『人(私自身)』について言われていると解釈しちゃった」・・・ということです。

そうなると、確かに、「言われた内容はたわいもないことであったとしても、必要以上に傷ついてしまう」・・・っていうことがありえるように思います。

では、どうすれば、「人に対して」と解釈してしまいがちなところを、「事に対して」だと受け取ることができるようになるでしょうか?

これをセッションの中で考えてみました。

今回セッションの中で挙がったのは、「ボールをイメージする」という方法。

自分が発言するとき、あるいは、相手が発言するとき、その発言をボールに見立てて、ボールのやり取りをイメージするのです。

そうすることで、発言を、「私自身」から切り離して考えられるようにする。

こんなことをやってみることにしました。

「『事』に対する発言を、『人』に対する発言だと受け取ってしまう」

これは1つの思考のクセですね。

私を含め誰でも、いろいろな思考のクセをもっていますし、それ自体がその人の個性にもつながる大切なものです。

一方で、クセによっては、ともすると、リーダーとして活動するときに障害になることもあります。

今回でいうと、「『事』について言われているのに、『人』について言われていると解釈してしまう」ことで、本来であれば持つことのないネガティブな感情が生じてしまう。

そして、その感情に飲まれて、適切な行動がとれなくなってしまう。

自分が適切な行動をとれていないなと感じるときは、まず、その根っこにある自分の思考のクセに意識を向けてみましょう。

そして、もしそのクセが自分にとって不都合を生じさせているようなら、場合によってはこれを変えることを試みる。

リーダーとしての在り方を整えていくために、大切なことだと思います。

 

(※クライアントさんの話は、ご本人の許可をいただいたうえで掲載しております。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

上司は「人間として偉い」わけではない

遅ればせながら、 新年あけましておめでとうございます!   FAITH(フェイス) 小川由佳です。   早いもので、令和2年になって既に半月が経ちました。 皆さま、新年最初の月はいかがお過ごしでしょう…

WHYからはじめよう!

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。   早いもので、もう2019年も1週間を切りましたね。   皆さんもそろそろ仕事納めでしょうか。   さて、皆さんは、日頃、どうやって仕事…

自分で決める

こんにちは。FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日放映されたスカーレットの録画を見ていて、ついつい涙してしまいました。 主人公、川原喜美子は、大阪のとある下宿で女中という仕事をし家に仕送りをしながら、 ちょっとずつ貯…

経験しっぱなしになっていないか?

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 先日、ある講座で同期だった仲間との勉強会があったのですが、 仲間の1人、岸本貴史さん(トラスト・パートナーズ社労士事務所代表)が 話してくれた話に感銘を受けたので、 備…

強みには2種類ある

こんにちは。FAITH(フェイス) 小川由佳です。 先日コーチングセッションをしていて、改めて思ったこと、 それは、「強みというのは自分ではわかりにくい(自覚しにくい)」ということです。 私は、強みというのは、大きく言っ…

ページトップ