FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップ>部下の発言に反応しすぎてしまうとき

部下の発言に反応しすぎてしまうとき

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。

前回の記事で、「人と事を切り分ける」ということについて書きましたが、「人と事を切り分ける」ってけっこう奥が深いです。

実は、リーダーとして堂々とぶれない自分であるために大切なことだと思っています。

これについて、今回ある事例を書きますね。

= = = = = = = = = =

あるクライアントさんは、数名の部下を持つマネージャーです。

このクライアントさんの悩みは、「会議のとき、発言するのを躊躇してしまうことがある」というもの。

お客様や部下の反応が気になって、一瞬発言を躊躇してしまうのだそうです。

これに対して、セッションでは、クライアントさんと一緒に「発言しようとしたときに、心の中で何が起こっているか」振り返ってみることにしました。

もう少し具体的に言うと、「発言を躊躇したその瞬間、自分の中にどんなセリフがよぎっているか?」を考えてみたのです。

すると、

「私が発言したことに対して、皆はどう思うだろう」
「的外れなことを言ってしまったら・・・どうしよう」
「お客様やメンバーに否定されるのが怖い、そんなことになったら、立場がない」
「できない人だと思われたらどうしよう」

という言葉がクライアントさんから挙がってきました。

そして、これらの言葉が挙がってきた後、クライアントさんがこう言ったのです:

– – – – – – – – – –

「ここまで話してきて思ったのだけど、私、反応しすぎなのかもしれません。

1つ気づいたんですけど、私は、私の発言に対する相手の反応(発言)を、『単なる発言』ではなく『私自身を否定された』ってとっているだなって思いました。

でも、相手は、単に私の言った内容に対して、自分の意見を言っただけで、別に私自身を否定しているわけじゃないんですよね」

– – – – – – – – – –

これ、クライアントさんは、「『事』について言われたにも関わらず『人(私自身)』について言われていると解釈しちゃった」・・・ということです。

そうなると、確かに、「言われた内容はたわいもないことであったとしても、必要以上に傷ついてしまう」・・・っていうことがありえるように思います。

では、どうすれば、「人に対して」と解釈してしまいがちなところを、「事に対して」だと受け取ることができるようになるでしょうか?

これをセッションの中で考えてみました。

今回セッションの中で挙がったのは、「ボールをイメージする」という方法。

自分が発言するとき、あるいは、相手が発言するとき、その発言をボールに見立てて、ボールのやり取りをイメージするのです。

そうすることで、発言を、「私自身」から切り離して考えられるようにする。

こんなことをやってみることにしました。

「『事』に対する発言を、『人』に対する発言だと受け取ってしまう」

これは1つの思考のクセですね。

私を含め誰でも、いろいろな思考のクセをもっていますし、それ自体がその人の個性にもつながる大切なものです。

一方で、クセによっては、ともすると、リーダーとして活動するときに障害になることもあります。

今回でいうと、「『事』について言われているのに、『人』について言われていると解釈してしまう」ことで、本来であれば持つことのないネガティブな感情が生じてしまう。

そして、その感情に飲まれて、適切な行動がとれなくなってしまう。

自分が適切な行動をとれていないなと感じるときは、まず、その根っこにある自分の思考のクセに意識を向けてみましょう。

そして、もしそのクセが自分にとって不都合を生じさせているようなら、場合によってはこれを変えることを試みる。

リーダーとしての在り方を整えていくために、大切なことだと思います。

 

(※クライアントさんの話は、ご本人の許可をいただいたうえで掲載しております。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

人の心を動かすのは〇〇

  先日、出張に行った時のこと。 夜11時頃、小学校3年生の娘から突然携帯に電話がかかってきました。 電話を取ると、ものすごい泣き声! 泣きながら話すので、何を言っているのかなかなか聞き取れなかったのですが、 …

「このお店のスタッフはなぜ皆、やる気に満ちているのだろうか?」 についての一考察

こんにちは。FAITH(フェイス) 小川由佳です。 出張中、スタバを利用することが多々あるのですが、いつも感心してしまうのは、「どの店員さんも、どうしてあんなにやる気に満ちていて、お客を大切にすることができるのだろう」と…

【ある女性リーダーのお悩み】「あなたのために言っているんですよ」の違和感

【ある女性リーダーのお悩み】 部下への指導をする時、どの観点からするのが最適だろうと悩むんです。 業績あげるのは会社のため?支店のため?私のため?部下のため? 全てに該当するんですよね。 私、「貴方のために言ってるんです…

年上の部下との接し方 ~ うまくコミュニケーションできている人の共通点

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 皆さんのチームには、自分より年上の部下(年次が上の部下)はいますか? 先日、管理職をしている友人と食事をしているときに、この「年上の部下」というテーマについて話す機会…

【書籍紹介】リーダーとしてのあり方はどうやったら磨けるのか?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 本日、新元号が発表されましたね。 今年は、元号の切り替わりというきっかけがあることで、また気持ちを新たに前に進めそうです。 さてさて。 リーダー&リーダーシップって、…

ページトップ