FAITH フェイス

FAITH(フェイス)は、社員1人ひとりのリーダーシップを
引き出し組織の成果につなげるサービスを提供します

トップページ> ブログ>リーダーシップLS:育成する>K-Popのオーディションに見る、褒めるコツ&叱るコツ

K-Popのオーディションに見る、褒めるコツ&叱るコツ

こんにちは!
FAITH(フェイス)小川由佳です。

先日、東京に出張したときのこと。

夜、滞在しているホテルの部屋で
久しぶりにテレビを見ました。

たまたま目に入ってきて
その後、目が釘付けになったのは、
K-Popのオーディションの様子を放映した番組。

J. Y. Parkさんというプロデューサーが、
オーディションを受けに来た若い女性のパフォーマンスに対して
フィードバックをするのですが、
そのフィードバックがすばらしかったのです。

 

スポットライト

 
まず、相手のパフォーマンスのよかった点を見つける。

そして、何がよかったのかを具体的に伝える。

更に、それを見て自分(J. K. Parkさん)が
どう感じたのかも伝える。
例えば、「とても感動しました」というように。

一方、パフォーマンスの課題については
ポイントを明確にして伝える。
「課題と感じたところは2つあります。1つ目は、・・・・」
というように。

加えて、課題を引き起こしている原因についても
彼の考えを伝える。
「・・・ができていないのは、
関節の使い方がわかっていないからだと思います」
というように。

その女性が、予選の次の段階に進んで
再びParkさんに会ったとき
Parkさんは、前回と比べて
彼女の成長した所に気づいて
すかさず彼女に

「・・・ができるようになっていますね。
とても努力したことが伝わってきました」

と伝えていました。

番組を見ていて、
フィードバックを伝えられる側の女性の心にも
Parkさんの言葉がとても響いていることが感じられました。

 
Parkさんの一連の声掛けは、
褒める&叱るときに大切だとされるポイントが
ちりばめられています:

・事実に基づき、具体的に伝えること
・絶対量だけでなく、変化量にも目を向けること
・YouメッセージとIメッセージを意識すること
・タイムリーに伝えること

Parkさんという人は、
コーチングやフィードバックなど
理論を学んだ人なのかなあと
番組を見ながら思いました。

 
もしParkさんの番組等を見る機会があれば
ぜひ見ることをおすすめします。

リーダーという役割を担う皆さんにとって
参考になると思いますよ^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

「自分で考えない」は、誰の課題?

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 だいぶ以前の話になりますが、 新入社員について書かれた記事で 「自分で考えることができない」 みたいなタイトルを見たとき、 ちょっとした違和感を覚えました。 確かに新…

見ているところが全然違う!

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 今度、eラーニングの講座を担当することになりまして、 先日、その動画収録のために、とあるスタジオに行ってきました。 そのときの出来事。 カメラ担当の方が、 事前に私のブ…

ピアノを習い始めて再確認した上司の心得

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 この秋からピアノを習いはじめました。 「習いたいなあ」と思い始めたのは、 娘と連弾した、昨年の娘のピアノの発表会の頃。 私は幼稚園生のときから高校1年生のときまで ピ…

相手を受け止めるコミュニケーション ~ 必要なのは同意ではなく、共感的理解

こんにちは! FAITH(フェイス) 小川由佳です。 私、美容に関しては、かなりずぼらな人間で(汗)、 美容師さんから「洗髪後はドライヤーをかける」よう言われていたのに、 ここ数年間、ずっとかけられずにいました。 が、1…

「自分でやったほうが早い」の怖さ

こんにちは! FAITH(フェイス)小川由佳です。 管理職研修の内容について、 つい先日、お客様と事前打ち合わせをしてきました。 その際、お客様に「一番の課題感は何か」伺ったところ、 「基本的に、管理職は、過去に優秀な成…

ページトップ